「オーガニック」「無添加」シャンプーは安全で安心して使えるのか?

今まで私は、シャンプーなど自分で選ばず、家のものが

買ってきたシャンプーを適当に使っていました。

ですが、私も最近薄毛が気になるような年齢になってきたので、

シャンプーに配合されている成分を調べて購入するようになりました。

それで思ったのは、市販されているシャンプーでも「オーガニック」「無添加」

をうたうシャンプーが多いのに気づきました。

なので、今回この事について調べていたら意外な事が

分かったので、詳しく解説していきます。

 

「オーガニック」「無添加」シャンプー

 

 

「オーガニック」「無添加」シャンプーとはどのようなシャンプーか?

 

最近、ネットなどで販売されているシャンプーの広告コピーには、

「無添加」「オーガニック」「天然成分」「植物性」

などのキーワードが並んでいる商品を良く目にします。

 

確かに、これらのキーワードを目にすると身体に優しいイメージがします。

 

ですが、それはただのイメージに過ぎません。

 

なぜなら、「無添加」「オーガニック」と表示されていても、

そこには確かな基準や定義が存在しないからです。

 

無添加シャンプーの表示について

 

 

無添加シャンプーとは、ほとんどが表示指定成分が入っていないシャンプーを指します。

 

また、表示指定成分とは、旧厚生省が定めた、ごく希に皮膚障害を起こす恐れのある

約100種類の成分が添加されていない成分です。

 

一方で、着色料や香料、パラベンなどの防腐剤が入っていない商品に

無添加のラベルが付けられている場合があります。

 

また、何が無添加なのかは、商品によって異なります。

 

なので、商品のパッケージに書かれている成分表をよく読んで、自分に有害だと

思える成分が配合されていないかを自分で確認する必要があるのです。

 

「オーガニック」「天然成分」「植物性」の表示について

 

 

 

「オーガニック」「天然成分」「植物性」という表示は「無添加」

といった表示よりもさらに注意が必要です。

 

なぜなら、「オーガニック」「天然成分」「植物性」といえる成分が

1滴でも配合されていれば、これらのキーワードは、商品に表示して良い事に

なっているからです。

 

そして、原料になる天然成分は1万~2万種類はあると言われています。

 

また、どのようなものを使ってオーガニックと表示するかは、

製造・販売元に託されています。

 

もちろん、ほとんどが安全性が確かめられた製品です。

 

ですが、ごく希に、配合されている植物性の成分に対してアレルギーを

持っている人が使えば、頭皮トラブルが起きる事があります。

 

なので、私たちは「オーガニック」「天然成分」「植物性」

表示されているのを髪の毛や頭皮に優しそうというイメージだけで、

少し高価なシャンプーを使うのは、考えものなのです。

 

アミノ酸系シャンプーについてはコチラで書いています。

↓ ↓ ↓

アミノ酸系シャンプーは本当に頭皮の臭い対策に効果があるの?

 

そう考えると髪の毛と頭皮への刺激が少なく、洗い上がりも優しい

オーガニックシャンプーを手に入れておいた方がいいでしょう。

Herb Garden(ハーブガーデン)のレビュー

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ