発毛剤・育毛剤の選び方が伝わらない理由とは?

市販されている発毛剤・育毛剤は、ものすごく種類が多いので

どれを選んだら良いのか迷う所です。

なので、発毛剤・育毛剤の選び方を書いた書籍などがあれば、

それ程迷わず購入できると思うのは私だけでしょうか。

今回、この事についてを調べていたら、色々な事が分かりました。

 

発毛剤・育毛剤の選び方

 

 

なぜ発毛剤・育毛剤の選び方が分かるガイドブックがないのか?

 

薄毛を改善する発毛剤・育毛剤の選び方に関する指南書、ガイドブックの

類を今までに見た事がない人がほとんどだと思います。

 

それには理由があって、執筆する事が難しいからです。

 

また、最大の理由は、薄毛の原因は様々考えられ、それに対応できる

育毛剤も様々あるからです。

 

なぜなら、育毛剤の選び方を書くには育毛剤の特性を比較する必要性があり、

その基準を設定するのが難しいからです。

 

なので、同じ基準で比べにくいので優劣を付けるとなると少し強引なものに

なってしまうのです。

 

ハゲの見分け方が難しい理由とは?

 

ハゲは大きく分けて円形脱毛症と男性型脱毛症があり、他に老人性脱毛症があり、

抗がん剤など薬の副作用による薬物性脱毛症、怪我をした後に残る瘢痕性脱毛症、

出産後に起こる産後脱毛症などがあります。

 

一方で、皮膚科の専門医でも、円形脱毛症と男性型脱毛症との区別が

簡単には出来ないケースも少なくないのです。

 

 

なぜなら、円形脱毛症は10円ハゲが出来るような代表的なものもあれば、

それが複数の箇所で起こって連なる場合もあるからです。

 

また、そうなると男性型脱毛症との区別は難しく、だいたいは経過観察になるのです。

 

そして、1ヶ月から場合によっては半年ぐらい、どの脱毛症に当てはまるのかというような

治療を行って、その反応で円形脱毛症らしいと診断が下れば本格的な治療がスタートします。

 

また、円形脱毛症はアトピー性皮膚炎や気管支ぜんそく、関節リウマチなどと

同じ様に自己免疫疾患だと言われており、頭皮の皮膚組織を観察すると

免疫を受け持つリンパ球が集まっていて、毛根が痩せています。

 

 

なので、リンパ球が攻撃しているからこうなったのだという仮説をたて、

紫外線照射・免疫抑制剤の投与などをしてリンパ球の活動を抑制する治療が行われます。

 

また、その治療の効果がなければ円形脱毛症ではなく、他のタイプの脱毛症の治療を行い、

それでもない事が分かれば、消去法で初めて男性型脱毛症と診断されるのです。

 

詳しくはコチラでも書いています。

↓ ↓ ↓

薄毛と脱毛症の違いとはどのようなものか?

 

なぜ自分に合った育毛剤の選び方が分からないのか?

 

脱毛症やハゲで病院に行く人は少なく、ほとんどの場合はあきらめて様子を見ます。

 

そして、薄毛を受け入れられない人は、それを補おうとして育毛剤を購入しようとします。

 

ですが、育毛剤はいくつもあってもおのおのの特徴が良く分からないのです。

 

なぜなら、あれこれと製品選択に必要な情報が明らかに不足しているからです。

 

そう考えると早めに遺伝子検査結果から、自分自身の遺伝的傾向に適した

育毛ケアが出来る育毛剤を手に入れておいた方がいいでしょう。

Persona(ペルソナ)のレビュー

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ