毛髪再生医療にとって補毛が優れた方法である理由とは?

今日は、毛髪再生医療にとって補毛は優れた方法である理由とは?

というテーマで書いていきます。

最近は、毛髪再生法を取り入れる人が多くなってきており、

導入すればこれで一段落出来ると安心する人が多いですが、

ハゲは少しずつ進行していきます。

なぜなら、これはどんな人であろうと、毛髪再生法を

導入している人であれば避けられない運命だからです。

 

毛髪再生医療の補毛

 

 

髪の毛再生治療はハゲの進行にどのようにして対処していくべきか?

 

髪の毛再生治療はどの方法にするにしても、一度導入したら

絶対にまた脱毛するので一生使えるものではありません。

 

なぜなら、もし再び脱毛しない製品であれば、必要以上に身体に負担を

かけるので、問題が発生するのは目に見えて明らかだからです。

 

また、仮に身体的な負担がほとんど問題のない水準であっても、

見た目に問題が出てきます。

 

なぜなら、顔や手が徐々にシワだらけになっていくのに、

そこだけがシャンとしていては見た目の釣り合いが取れないからです。

 

ですが、脱毛を繰り返すのも限度があります。

 

なぜなら、行き過ぎれば製品としての質が保てなくなるからです。

 

発毛・養毛・育毛の場合では、ハゲの進行にどのようにして対処していくべきか?

 

発毛・養毛・育毛の場合に、毛髪再生法を導入した時には

断トツで再生が優勢でなければ、失敗です。

 

特にハゲ・部分ハゲでは断トツで再生が必要不可欠となります。

 

また、薄毛でも根本的には再生が優勢でなければなりません。

 

なぜなら、薄くはなっていてもこれ以上の脱毛を防止したい時には、

薄毛が停止したように見える状態を維持する必要があるからです。

 

なので、薄毛の進行が目立たない程度の再生が必要なのです。

 

また、ハゲ・部分ハゲ・薄毛の3つのどの状態であっても、

それが難しくなってきたら、ハゲの進行速度が勝っている証拠であり、

他の方法への転換をいつにするか、考えなければなりません。

 

ちなみに、薄毛に悩んでいる方で何か良い育毛剤は無いかとお探しの方には、

私が使って効果があった育毛剤があるので紹介します。

 

例えば、このDeeper3D(ディーパー3D)は、キャピキシルと成長因子が

配合されている副作用の少ない育毛剤です。

Deeper3D(ディーパー3D)のレビュー

 

増毛法では、ハゲの進行にどのようにして対処していくべきか?

 

 

増毛法は、自分の毛を生かして人口の毛を結びつけるタイプにしても、

粉を振りかけるタイプにしても、生きている毛がなければ成立しません。

 

なので、ハゲが進行するにつれて、徐々に難しくなっていき、やがてその方法を

やる事自体が無理になるのです。

 

また、カツラの場合は、頭全体やそれに近い人の被る方式のカツラであれば、

導入後、いくらハゲが進行しても問題にはなりません。

 

ですが、面倒なのは部分カツラを使用している人達で、この人達は早ければ

1年以内に、遅くても数年内にはハゲが進行して、現在使っているカツラでは

隠しきれなくなる可能性が高いのです。

 

なぜなら、接着剤で貼って装着するタイプなら、ハゲが進行しても柔軟に

対応出来ますが、ピンで止める方式であれば絶対に隠しきれなくなるからです。

 

なので、その場合は、広がったハゲの面積に応じて作り直すしかないのです。

 

自毛植毛法では、ハゲの進行にどのようにして対処していくべきか?

 

自毛植毛法は、再び移植出来る可能性はいいところ2~3回だろうと言われています。

 

なぜなら、毛を提供するドナーの面積が限られていて、密度も限られているからです。

 

なので、初回の移植が限度で、ハゲが進行したら、次はドナーの余裕がなくて

対処出来ない人が多いのです。

 

また、自毛植毛法で追いつかなくなってきた人は、人工毛植毛法を選ぶ事が

断トツに多いのです。

 

なぜなら、人工毛植毛法は、植える場所を問わず、面積に関わらず、

植える本数を自由に調整出来るからです。

 

なので、人工毛植毛法は、定期的なケアの過程で、気になる部分に補毛・植毛を

していくので、ハゲの進行には気がつかない事が多いのです。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ