ヘアカラーは頭皮に悪影響を及ぼすって本当?

今日は、ヘアカラーは頭皮に悪影響を及ぼすって本当?

というテーマで書いていきます。

今から20年ぐらい前に、女子高生の間でヘアカラーが

流行り出し、あっという間に全ての女性の間に広がりました。

また、最近では、「綺麗な髪の毛をしている人だな」と思うと

縮毛矯正をしていたりしているので、元々ある日本女性の綺麗な

緑の黒髪をしている人は、ほぼ見かけなくなりました。

それに変わって女性の髪の毛にある問題が起こりました。

この事について調べたので詳しく解説していきます。

 

ヘアカラーは頭皮に悪影響

 

 

定期的なヘアカラーやパーマが問題になっている理由とは?

 

昔は、薄毛で専門医に相談に行くのはほとんどが男性でしたが、

最近では女性の薄毛が急増しているのです。

 

また、汚い髪質をしている女性が増えている事から、女性の薄毛が

増え始める理由が分かってきました。

 

薄毛の原因は髪質を悪くするメンテナンスを頭皮にもしているからか?

 

薄毛で悩んでいる女性の髪の毛は、見た目は綺麗に見えるけれど、

触ると人工毛みたいに硬くてツルツルしています。

 

なぜなら、普段の髪の毛のメンテナンスで頭皮の状態を悪化させる事により髪質が悪くなり、

ヘアカラーで髪質が悪くなるからトリートンメントで補修する事を何度も繰り返したからです。

 

また、頭皮を綺麗に洗ってからヘアカラーするので、毛穴を守る皮脂膜も無くなっていて、

皮脂膜の無い毛穴には染毛剤が入り込みやすくなっているのです。

 

ちなみに、女性の抜け毛ケアシャンプーとして特に30代〜50代に

人気なシャンプーがあるのでお勧めします。

 

例えば、このharu黒髪スカルプ・プロは、アミノ酸とスカルプの両方が入っており、

「抜け毛」「白髪」「育毛発毛」のケアがこれ1本で出来る

オールインワンシャンプーです。

haru黒髪スカルプ・プロのレビュー

 

ヘアカラーをする習慣が将来の髪の毛に影響する理由とは?

 

 

ヘアカラーをしたからといってもすぐに薄毛になる事はありません。

 

定期的にヘアカラーが習慣になる事で次の世代の髪の毛に影響が出てくるのです。

 

そして、女性の場合では、人それぞれですが、2回か3回生え替わってくる頃に

その影響が露呈する事がほとんどです。

 

また、最近では、ヘナなら天然成分なので大丈夫だと思い使っている人も多くいます。

 

ですが、ヘナであってもその人にとっては異物には違いないので、

大丈夫だという事にはなりません。

 

また、縮毛矯正も同じです。

 

なので、カラー剤やトリートメント剤、パーマ液はその人にとっては異物なので、

異物が頭皮に付いて残留すると頭皮にとっては負担になるのです。

 

ですが、ヘアカラーを止められない人も多いので、出来るだけ染毛剤の悪影響を頭皮が

受けない方法があるのですが、ヘアカラーはやらない方が間違いなく良いのです。

 

詳しくはコチラでも書いてます。

↓ ↓ ↓

ヘアカラーには環境ホルモンが含まれているって本当?

 

コチラでは、ヘアカラーとよく似た白髪染めについて書いています。

↓ ↓ ↓

白髪染めをすると髪の毛や頭皮にダメージを受けるって本当?

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ