ヘアカラーのデメリットを最小限に防ぐ方法とは?

ヘアカラーは出来る事ならやらない方が良いのですが、

どうしてもヘアカラーを止める事が出来ないという人も

多いのではないでしょうか。

そんな人のために、ヘアカラーのデメリットを

最小限に防ぐ方法を解説していきます。

 

ヘアカラーのデメリットを防ぐ方法

 

 

ヘアカラーで一番してはいけない事とは?

 

ヘアカラーで一番してはいけない事というのは、簡単に誰でも出来る

染毛剤を使う事です。

 

なぜなら、その人の毛質や皮膚を考えないで簡単に染まるので、作用や刺激が

強くなるからです。

 

なので、出来る事なら毛質や頭皮の事を考慮してカラーを配合出来る

美容師にしてもらうのが一番です。

 

自分でヘアカラーをする時のやり方とは?

 

自分でヘアカラーをする時は、ホホバオイルとアルガンオイルで

頭皮を保護した後でヘアカラーをします。

 

そして、指の腹で頭皮を擦るようにお湯で丁寧に洗います。

 

その後、1円玉ぐらいの量のシャンプーを泡立てネットで泡立てて

髪の毛だけを手櫛で梳くようにして洗います。

 

ちなみに、女性の抜け毛ケアシャンプーとして特に30代〜50代に

人気なシャンプーがあるのでお勧めします。

 

例えば、このharu黒髪スカルプ・プロは、アミノ酸とスカルプの両方が入っており、

「抜け毛」「白髪」「育毛発毛」のケアがこれ1本で出来る

オールインワンシャンプーです。

haru黒髪スカルプ・プロのレビュー

 

すすぎは、次の3つの段階を意識して行います。

 

 

① 第1段階

頭と髪の毛に残っているシャンプーをシャワーか

洗面器を使い泡が切れるまでお湯だけで洗い流します。

 

② 第2段階

手の平と頭皮の間にお湯を貯めるようにしてゆすぎ洗いをし、

頭皮にシャンプーが残らないようにゆすぎます。

 

③ 第3段階

指の腹で頭皮を万便なく擦るようにして頭皮を洗い流します。

その後は、40℃ぐらいのお湯で15分~20分ぐらい半身浴で

2日~3日連続して頭に汗をかきます。

また、サウナに入って汗をかくのが一番良く、汗をかいたら汗はお湯で流します。

 

美容院でヘアカラーをする時のやり方とは?

 

美容院でヘアカラーをする時は、お店の方が頭皮を保護してくれるのが一番良いので、

出来るのならホホバオイルとアルガンオイルで頭皮を保護するように頼みます。

 

 

その後、ヘアカラーをします。

 

 

そして、ヘアカラーが終わったら、出来るのならシャンプーをするように頼みます。

 

 

ですが、お店の都合で無理な場合は諦めるしかありません。

 

保護出来ても出来なかったとしても家に帰った後、お風呂に入ったら、

同じように半身浴で2日~3日連続して頭皮に汗をかきます。

 

また、サウナに入って汗をかくのが一番良く、汗をかいたら汗はお湯で流します。

 

 

このようにする事で、大分染毛剤の悪影響を防止できます。

 

ですが、100%防止できるわけではないので、ヘアカラーをしなくて

済むならしない方が間違いなく良いのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ