喫煙が毛髪にダメージを与える理由とは?

私もそうだったのですが、最近では中高年の男性に

禁煙する人が増えてきています。

ですが、逆に若い女性の喫煙者が増えて

きているように思われます。

なので、この事によって女性の肺ガンや動脈硬化を

引き起こす人の数が増えてきているのです。

また、ガンにならないにしても、喫煙は毛髪に

かなりのダメージを与えます。

 

喫煙が毛髪にダメージ

 

 

喫煙は肺ガンや動脈硬化だけでなく毛髪にダメージを与える

 

タバコの煙の中には、化学物質が約4000種類含まれています。

 

その化学物質の中には、200種類もの発ガン性物質や発ガン促進物質も

含まれているといわれています。

 

これらの物質は体内に異常に活性酸素を増やし、体内の組織を破壊します。

 

また、出来るだけ多くのニコチンを体内に染み込ませるために、

葉を包む紙にアンモニアも含まれているみたいです。

 

これは明らかに喫煙者をニコチン中毒にするためのものです。

 

知っている人も多いと思いますが、喫煙は肺ガンや動脈硬化を

引き起こすと言われています。

 

 

また、タバコに含まれる発ガン物質は皮下脂肪や内臓脂肪、乳房に

蓄積されていき、女性ホルモンはガンを促進させる働きをします。

 

なので、太っている人や、特に一般的に女性は皮下脂肪が厚いので、

女性は発ガン体質になってしまう可能性があります。

 

喫煙は髪の毛を作る細胞を栄養不足にする

 

 

ガンにならなかったとしても、喫煙は髪の毛に損傷を与えます。

 

また、ニコチンやタールなどの有害物質が肺に付着すると、酸素の交換が悪くなります。

 

なので、酸素の供給が悪くなると、身体の各器官への栄養が不足し、毛細血管から

栄養分を与えてもらっている毛乳頭まで栄養分が行き届かなくなり、髪の毛のツヤが

なくなったり、切れ毛になる場合が増えるのです。

 

さらに、人から指摘されないと分からないタバコ臭が髪の毛に染み込んでしまいます。

 

また、これはニコチンやタールが髪の毛に付着している事で、ニコチンや

タールによってキューティクルが損傷を受けて剝がれてしまいます。

 

その結果、髪の毛が切れ毛になったり、ツヤが悪くなったりする他、

髪の毛を洗ったりドライヤーで乾かしたりするのにも非常にもろくなります。

 

 

さらに、これだけ傷んだ髪の毛にパーマやヘアカラーなどをすれば、

ボロボロに髪の毛が傷んでしまいます。

 

 

ですが、頭皮や髪の毛には良くないと分かっていてもタバコは

簡単にはやめる事は出来ません。

 

今後頭皮や髪の毛のためにタバコをやめるつもりだという方も、

今のうちから頭皮や髪の毛のケアをお勧めします。

 

育毛剤には頭皮を健やかに保ち、育毛を促進する働きがあります。

 

ちなみに、薄毛に悩んでいる方で何か良い育毛剤は無いかとお探しの方には、

私が使って効果があった育毛剤があるので紹介します。

 

例えば、このDeeper3D(ディーパー3D)は、キャピキシルと成長因子が

配合されている副作用の少ない育毛剤です。

Deeper3D(ディーパー3D)のレビュー

 

詳しくはコチラでも書いています。

↓ ↓ ↓

タバコが薄毛に悪影響を及ぼすって本当?

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ