円形脱毛症は真菌が原因だというのは本当?

以前の私は、円形脱毛症になる原因と言えば、

過剰なストレスが原因でなるものだと思っていました。

ですが、私も去年、円形脱毛症になった事もあり、

図書館で本を借りて調べていたら、円形脱毛症は

真菌が原因だという事が分かりました。

なので、この事について詳しく解説していきます。

 

円形脱毛症は真菌が原因

 

 

円形脱毛症の原因は毎日使用する枕

 

円形脱毛症は、不潔にしていた枕や枕カバーに真菌が繁殖し、何らかの理由で

免疫力が低下した時に、その真菌が毛穴から入って起きたものです。

 

なぜなら、真菌が毛穴から入る事で、その真菌を殺すために顆粒球が

活性酸素を出し、その活性酸素が毛母細胞を破壊するからです。

 

また、真菌を分かりやすく言えば、実際にどこにでもいるカビなので

繁殖の条件さえ整えば、いっぺんに増殖します。

 

一方で、真菌といっても、多くの種類がいます。

 

ポピュラーなもので言えば、水虫も真菌の一種で、白癬菌と言われています。

 

また、この水虫が1回かかると完治する事は大変です。

 

なぜなら、一度治っても、また何度もかかるからです。

 

また、白癬菌が頭部で繁殖した状態を、「白くも」と言い、これは皮膚科で

治療する必要があり、円形脱毛症と違って白く粉を吹いたようになり、

激しいかゆみを引き起こします。

 

 

ですが、円形脱毛症はかゆみを伴わないので、白癬菌が原因ではないという事です。

 

そして、円形脱毛症がかゆみを伴ったり、脱毛部をかいているうちに

変な形に脱毛部が広がっていく事があります。

 

また、こうした時は真菌に白癬菌も加わっている事が考えられるので、

頭部全体が抜けてしまう事があります。

 

円形脱毛症の改善の始まりは清潔な枕と枕カバー

 

円形脱毛症の原因は、毛穴から入り込んだ真菌です。

 

なぜなら、円形脱毛症の根本原因は、毎日使う枕にあるからです。

 

なので、清潔な枕や枕カバーを使う事が円形脱毛症の改善につながるのです。

 

一方で、円形脱毛症が出来るのは、襟足の部分がほとんどですが、

まれに側頭部に出来ます。

 

そして、枕は長期間、汗や頭皮の分泌物が染み込み、そして真菌が発生するのに

適度な体温と温度などの条件がそろっています。

 

また、枕カバーを定期的に洗う人は多いのですが、枕を洗う人はあまりいません。

 

なので、同じ枕を洗わずに2年も3年も使用している人がほとんどといわれているので、

枕の中に真菌が増殖していても別におかしくはないのです。

 

また、枕の中で真菌が増殖している箇所が、寝るたびに頭部の同じ位置に来ますが、

それが襟足や側頭部です。

 

なので、円形脱毛症になって専門医で治療を受けたからといっても、

枕を新しいものに取り換えないと、また毛穴から真菌が入ってしまうのです。

 

そして、その真菌が、顆粒球の出す活性酸素で攻撃を受けると伴に、

毛母細胞をも破壊してしまうので、髪の毛が生えてこないのです。

 

ちなみに、円形脱毛症を改善する何か良い育毛剤はないかと探しているのでしたら、

私が実際に使って効果があった、セファランチン配合の育毛剤があります。

 

例えば、この薬用プランテルは、3強育毛成分配合の

M字ハゲに特化した専用育毛剤です。

薬用プランテルのレビュー

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ