プロペシアとミノキシジルは本当に若ハゲに効果があるの?

AGA(男性型脱毛症)の治療薬としてまず頭に思い浮かぶ医薬品といえば、

プロペシアとミノキシジルではないでしょうか。

ですが、その効果や副作用に関しては賛否両論あります。

今回は、この世間に広まっているプロペシアとミノキシジル

について詳しく解説していきます。

 

プロペシアとミノキシジルは若ハゲに効果

 

 

ミノキシジルとはどのような治療薬か?

 

 

ミノキシジルは、もともと高血圧の薬として開発されました。

 

その臨床実験の中で多毛症の副作用が確認された事から、

その後AGA(男性型脱毛症)の治療薬として販売されるようになりました。

 

また、元々は飲み薬だったのですが、頭皮に直接塗る外用薬として

開発されました。

 

日本では大正製薬が外用薬の商品名をリアップとして販売すると広く世間に広まりました。

 

ミノキシジルの効果とは?

 

発毛においては、毛乳頭の細胞に直接働きかけアデノシンという成分を分泌させ、

VEGFやKGFなどの成長因子の生産を促す効果があります。

 

なので、発毛を促す効果が期待できるのです。

 

また、外用薬なので、頭皮に直接塗る事で、直に、効いてほしい箇所だけに

作用させる事が出来ます。

 

ミノキシジルの副作用とは?

 

元々が高血圧の薬として開発されたため、ミノキシジルを使用する事で

低血圧になったという方がいるそうです。

 

なので、リアップの使用説明書には高血圧・低血圧の治療をしている方は、

まず医師に相談してから使用するよう注意書きがあるのです。

 

また、頭皮に直接塗るので、皮膚が弱い人は炎症を起こしたり、アレルギー反応を

起こす可能性もあります。

 

そして、湿疹や傷がある部分にも、使わないように注意する事が必要です。

 

プロペシアとはどのような治療薬か?

 

 

プロペシアは初めはアメリカで医薬品として認可され、

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として発売されました。

 

そして、その後プロペシアは日本でも飲み薬の医薬品として認可され、

初めに万有製薬から「プロペシア」として、次にファイザーから

ジェネリック薬の「フィナステリド錠」として発売されています。

 

また、注意点としては、プロペシアは医薬品なので医師の処方箋が必要です。

 

プロペシアの効果とは?

 

元々は、ノコギリヤシという薬効成分のある植物を研究して作られた化学成分で

プロペシアの有効成分がフィナステリドです。

 

一方で、DHTというAGA(男性型脱毛症)の原因になる物質がありますが、

これは、ある酵素が男性ホルモンと結びつくことで発生し、抜け毛を

引き起こしてしまいます。

 

また、プロペシアは、このDHTの生成を抑制する効果があります。

 

プロペシアの副作用とは?

 

プロペシアの副作用で一番恐ろしいのは、妊娠中や授乳中に服用すると、

胎児や乳児の発育に影響が出るかもしれない事です。

 

なので、女性への処方はNGとされているのです。

 

また、飲み薬なので、体質に合わない場合、ごくたまにアレルギー反応を起こす事もあり、

他に薬を代謝するのに、肝臓に負担がかかり、悪化させる危険があります。

 

ちなみに、薄毛に悩んでいる方で何か良い育毛剤は無いかとお探しの方には、

私が使って効果があった育毛剤があるので紹介します。

 

例えば、このDeeper3D(ディーパー3D)は、キャピキシルと成長因子が

配合されている副作用の少ない育毛剤です。

Deeper3D(ディーパー3D)のレビュー

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ