ハゲを進行させる原因とは?

私たちの日常には、髪の毛をハゲさせたりする原因が潜んでいます。

また、ハゲを進行させる原因を知る事で、ハゲを予防する事も出来ます。

なので、ここでは、ハゲを進行させる様々な原因について調べてみたので、

詳しく解説していきます。

 

ハゲを進行させる原因

 

 

ハゲさせるかもしれない原因とは?

 

男性はもちろんですが、最近では女性も薄毛や脱毛で

悩んでいる人が増えています。

 

ですが、人それぞれ剥げる原因は違います。

 

何も考えずに育毛剤や頭皮のマッサージなどを試す前に、まずは自分が剥げる原因を

調べてから対策を取りましょう。

 

病気や薬の副作用によって剥げる場合

 

何らかの病気や治療の副作用が原因で剥げる場合があります。

 

このような場合は、原因となっている病気や治療が終われば

ほとんどが再び髪の毛も元通りになります。

 

甲状腺の病気は剥げやすい

 

 

甲状腺ホルモンには、髪の毛を作る毛母細胞を活発にさせる働きがあるので、

この働きが鈍くなると抜け毛になります。

 

薬の副作用によって剥げる

 

 

薬の副作用によって剥げるので有名なのは抗がん剤やC型肝炎などに

使われるインターフェロン製剤などです。

 

また、これらの薬はがん細胞などの増殖スピードの速い細胞に働きかけて

死滅させますが、がん細胞だけをうまく狙う事が難しく、正常な細胞にも

損傷を与えてしまう事により様々な副作用が現れます。

 

なので、特に髪の毛を作る毛母細胞は、増殖スピードの速い細胞なので

抗がん剤による影響を受けやすく、剥げる事につながるのです。

 

パーマやカラーリングによって剥げる場合

 

 

パーマやカラーリングは多かれ少なかれ髪の毛や頭皮に負担がかかるため、

髪の毛や頭皮を確実に痛めます。

 

なので、カラーリングは剥げたくないのならなるべく、しない方が良いのですが、

どうしても髪の毛を染めたい場合は、美容院で染める事をお勧めするのです。

 

なぜなら、市販されているカラーリング剤は、どんな髪の毛の状態や

色の人でもきれいに染まるよう、強い薬剤が使用されている事が多いからです。

 

詳しくはコチラでも書いています。

↓ ↓ ↓

ヘアカラーは薄毛の原因になるって本当?

パーマによって髪の毛が痛むのは仕方がないの?

 

遺伝によって剥げる場合

 

 

ハゲの原因の25%程度が遺伝であると研究結果からも明らかで、中でも

男性ホルモンによるAGA(男性型脱毛症)が遺伝しやすいといわれています。

 

ですが、男性の場合は、母親の方の遺伝子の影響を強く受けるという事が

遺伝子の調査によって明らかになっています。

 

そして、40歳までに剝げた人のX染色体には、男性ホルモンのテストステロンを

さらに強くする5αリダクターゼという酵素を活性化しやすい性質があるのが分かりました。

 

また、5αリダクターゼとテストステロンが結びつくと、薄毛を引き起こす

ジヒドロテストステロンへと変化します。

 

詳しくはコチラでも書いています。

↓ ↓ ↓

薄毛は本当に遺伝するのか?

 

ストレスによって剥げる場合

 

 

過度のストレスにさらされ続けていると、常に体を緊張状態にさせる

交感神経のほうが働いてしまい血管が収縮します。

 

また、消化吸収も悪くなり、食べ物を摂取しても、髪の毛の原料となる

タンパク質がうまく吸収されなくなり、頭皮に栄養分が行き渡りにくくなります。

 

その結果、髪の毛を作るための栄養が頭皮にうまく運ばれなくなって

剥げる事につながります。

 

生活環境によって剥げる場合

 

 

不規則な生活をしていて体調を崩しやすくなると、体の随所で正確な活動を

損ねる可能性があるため、頭部の発毛や育毛に関する働きが狂ったとしても

おかしくはありません。

 

また、髪の毛の発育に重要な深夜帯に活動して睡眠不足になると、

栄養が十分に毛根に行き届かない事も考えられます。

 

詳しくはコチラでも書いています。

↓ ↓ ↓

生活習慣が原因となる脱毛症とは?

 

ちなみに、男性型脱毛症(AGA)が気になる方には、

私が使って効果があった育毛剤があるので紹介します。

 

例えば、このDeeper3D(ディーパー3D)は、キャピキシルと成長因子が

配合されている副作用の少ない育毛剤です。

Deeper3D(ディーパー3D)のレビュー

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ